リンク

東海村立村松小学校いじめ防止基本方針

平成26年3月策定
(平成29年4月見直し)

T いじめ防止に向けての基本的な考え方

1 基本理念
 すべての児童は一人一人がかけがえのない存在である。いじめは,個人の存在を脅かし,人格形成に悪影響を与え,さらには生命に危険を与えるものであり,決して許される行為ではない。
しかしながら,いじめはどの学校,どの学級でも起こりうると考えられる。本校でも,地域や家庭と協力し,全職員が,いじめの未然防止,早期発見,早期対応を図る。

2 いじめの定義
 「いじめ」とは,児童等に対して,当該児童等と一定の人間関係にある他の児童等が行う心理的または物質的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む)であって,当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。(いじめ防止法第2条)

3 学校及び職員の責務
・ 児童が安心して学習その他の活動に取り組めるよう,いじめなどがないようにする。
・ 児童がいじめ行わないとともに,いじめを放置しないように,いじめを決して許さない意識を育む。
・ いじめを受けた児童の生命及び身体を保護することが特に重要であり,いじめ問題の解決に全力で取り組む。

U いじめの未然防止の取組
1 学習活動
 授業においては,言語活動に特に重点を置き,児童が互いにコミュニケーションを図れる能力を育て,自己有用感や共感的理解の能力を培い,自己指導能力を高める。

2 学級活動
 ホームルームでの話合い活動を,児童が主体的に取り組めるように工夫することによって,生徒同士の絆を深め,かつ社会性を育む。また,児童が協力して行う活動を工夫することによって,いじめの起こりにくい学級をつくる。

3 特別活動
 他人から認められる体験をもつことによって,自己有用感を高め,いじめに向かわない児童を育成する。委員会活動やクラブ活動,学校行事,部活動の中で,全ての児童が主体的に活躍できる場面や役割を設定する。また,体験活動やボランティア活動等を通して,他人の気持ちを共感的に理解できる豊かな情操を培い,自分の存在と他人の存在を等しく認め,お互いの人格を尊重できる態度を養う。
 ・ 体験活動を伴う行事を年間計画に位置付ける。
 ・ 異年齢の児童と関わる奉仕活動や体験活動の場を設定する。
 ・ 委員会活動で生徒が自ら考え取り組めるように工夫する。

4 教育相談とスクールカウンセラー
 日頃から生徒と接する機会を多くもち,生徒が教職員と相談しやすい関係を構築することによって,いじめを早期,または未然に防止できるようにする。そのため,必要に応じて児童との個別面談の場を設け,自分自身だけでなく,他の生徒がいじめの被害を受けていないか等を確認する。さらに,スクールカウンセラーを積極的に活用し,教育相談体制を整える。

5 日頃の観察から
 児童の変化を敏感に察知し,いじめを受けているという兆候を見逃さないよう努める。特に,
ささいな兆候であってもいじめではないかと疑われる場合,当該生徒へ個別に声がけや相談等早い段階から関わりをもち,的確に状況の把握をする。

6 人権教育の充実
 児童が,いじめを自分たちの問題としてとらえた主体的な話合い活動を通して,人権意識の高揚を図ることができるように支援する。

7 道徳教育の充実
 児童の豊かな情操と道徳心を培い,心の通う対人交流の能力の素地を養うことがいじめの防止に欠かせないことを踏まえ,全ての教育活動を通じた道徳教育及び体験活動の充実を図る。

8 情報教育の充実
 インターネットを通じて行われるいじめを防止し,効果的に対処することができるよう必要な啓発を行う。

9 職員や保護者,地域への働きかけ
 児童,保護者,及び教職員に対して,いじめを防止することの重要性に関する理解を深めるための啓発等を行う。


V いじめの早期発見の取組

1 日々の観察
 日常的に児童等の様子や行動を観察しつつ,教師と児童との信頼関係を築くとともに,保護者と連携を図りながら,変化を把握するように努める。

2 教育相談・カウンセリング
 児童及びその保護者,その他関係機関がいじめに係る相談を行うことができる体制を整備する。

3 アンケート
 いじめを早期に発見するため,在籍する児童に対する質問票の使用,児童との面談等による定期的な調査,その他の必要な措置を講じ,情報を全職員で共有する。

W いじめが発生した時の対応

基本的な流れ






トップページ学校概要学校の特色学校経営ダウンロード
お知らせ今月の予定学校だより学年だより地域自慢リンク